リハビリ室

リハビリ室全景

リハビリ風景

理学療法室平行棒

干渉波牽引器

牽引器牽引器

エジェクターバスニューステップ

整形外科・理学療法室担当療法士


プロフィール

  • 奥村 拓也OT
  • H25日本リハビリテーション専門学校卒
  • H25河北医療財団 入職
  • H27菊地脳神経外科・整形外科 入職

はじめまして。リハビリテーション所属の奥村です。
ここに来る前、私は主に脳血管疾患の患者さんのリハビリを多く行ってきました。多くの患者さんの治療に関わっていくなかで、強く感じたのは、体は相互に補い合っているということでした。片麻痺の患者さんは体の半分に麻痺が出ます。私は当初、リハビリは麻痺のでたところをやっていけばいいと思っていました。しかし実際、麻痺がでると、麻痺している側の筋肉と麻痺していない側の筋肉のバランスが失われます。麻痺していない側の筋肉は麻痺している筋肉を補おうと倍以上の働きをするような反応を示します。その結果、姿勢が変わってしまったり、痛みが出たり、様々な動作で障害が出てきます。これは脳血管疾患の方だけでなく整形外科の疾患でも同様です。痛みや障害がでたその部分だけでは収まりません。ほかの部分に連鎖します。私たちはこれらの原因を総合して考え、患者さんにあった治療方法を提案していきたいと考えております。一緒に頑張っていきましょう。