脳外科・神経内科




最新のコンピュータ断層撮影機器【CT】を保有し一刻も早い原因究明が可能です。


脳外科担当医

菊地脳神経外科・整形外科は、東京都郊外の小金井市にて、地域に根ざしたかかりつけ医院として30年以上、診療を行ってきました。 院長の菊地邦夫は、東京慈恵会医科大学を卒業後、同医大病院脳神経外科などを経て1981年に菊地脳神経外科・整形外科を開業。以来30年以上にわたり、地域住民にとって身近なお医者さんとして地域医療に貢献してきました。院内には最新鋭のマルチスライスCTなど専門検査機器を備え、通所・訪問リハビリテーション施設を併設し、診断・治療からリハビリケアまでを担ってきました。 地域の高齢化とともに認知症患者さんの受診も増えており、現在では小金井市認知症連絡協議会より認知症専門かかりつけ医療機関に位置づけられ、もの忘れ外来や、ケアマネジャーによる介護プラン相談等、さまざまなニーズに対応しています。 西洋医学・東洋医学、両方から患者さんを診る院長は脳神経外科を専門とする一方、中医学を学ぶため上海に留学した経験もあり、西洋医学・東洋医学、両方の視点で患者さんを診ています。西洋医学ではまず疾病のある部分を診ますが、東洋医学では全身の状態を診てアプローチします。認知症の診療においても、CTでの頭部検査と、栄養状態や精神状態などを含め患者さんの全体を診て、いかに進行を防ぐか、良い状態に持っていくかを考えて診療を行っています。

このような症状でお困りではありませんか?

  • 頭痛・めまい・物忘れ等の検査
  • 頭部打撲など頭頸部の怪我
  • 脳卒中など脳神経外科関連
  • てんかん、けいれんなどの検査
  • 認知症

マルチスライスCT

当院では、最新のマルチスライスCTスキャナを設置しております。 この装置は、瞬時に16断面(スライス)が同時に撮影できる世界最高水準のマルチスライス技術を搭載しており、検査時間が今までより約1/4に短縮され、被曝量も40%減となります。 頭部は勿論の事、胸部、腹部等全身の断層像(輪切り)や立体像(3D)の鮮明な画像が得られ、 診断効果も格段に上がります。 患者様への負担も大幅に軽減されますので、安心して検査を受けていただけます。 詳しい検査内容は医師、またはスタッフへお気軽にお尋ねください。